top of page

Make our future

sustainable

私たちIRESAは、資源やエネルギーを通して持続可能な社会を考える、国内唯一の学生団体です。

About us

​IRESAについて

 私たちは、「資源・エネルギー」への理解を主軸に置いた学生団体です。

 

 国際資源・エネルギー学生会議(IRESA)は、2014年度末に設立された学生団体です。IRESAとは、International  Resources and Energies Student Associationの頭文字から取っています。

 

 「資源・エネルギーから社会を理解する」ことを理念に、東京大学と早稲田大学の学生を中心としたインカレとしてスタートしました。現在は、

Make Our Future Sustainable: 持続可能な社会を考える

を理念とし、東京大学を中心とした10名程度で活動しています。

 

 IRESAは、資源・エネルギーを取り巻く社会・経済・政策について知り、知見を拡げる事で資源・エネルギー問題の解決に貢献する事を目指します。

​代表挨拶

 気候変動は、今の時代において我々の未来を左右する最も大きな要因です。

​ 日本では未だに議論が活発であるとは言えませんが、世界では経済と人権、社会のあり方に関わる大問題で、議論が進んでいます。

 脱炭素化など気候変動への緩和策には多くの投資が必要です。一方で、気候変動がこのまま進行した場合の経済損失は膨大なものになります。気候変動を放置した将来の経済損失について検討した上で、現在世界では「気候変動への対策が優れた投資である」という認識がなされ、そのために従来の投資の見直しなどの行動が起こっています。

 具体的な数値で言及すると、気候変動の緩和策として、世界で2050年までにエネルギーシステムに対して21兆米ドルのコストを負担すると、その3~7倍の年間経済損失を未然に回避することができると言われています(IRENA, 2019)。

 また、実際に起こってしまった気候変動に対する適応策は緩和策と"車の両輪"の関係であり、一次産業、防災、健康問題、都市づくりなど様々な分野で地域に合わせた対策が求められています。企業にとっても、気候変動リスクを管理しているかというのは国際的には投資判断上での重要な判断基準となってきています。

 資源問題とエネルギー問題は、この気候変動対策に直結します。もちろん、それは資源・エネルギーをみる一つの観点であり、もっと多角的な観点から我々は勉強していますが、持続可能な社会を形成するためには気候変動という視点が非常に重要になります。

 日本は安定した電力システムを有しており、世界でもトップクラスに停電時間が少ない国でありましたが、人口減少や過疎化といった見えている将来の問題により、現在のシステムを将来に渡って維持することは困難です。また、2050年カーボンニュートラルを達成するには、二酸化炭素を排出しないエネルギー源を増やし、電化を行い、省エネを進める必要があります。それも、ダイナミックに。

 また、日本には海底に資源が眠っていることがわかっており、一方で陸・海の一次産業は危機的な状況に陥っています。

 これらの解決のためには、技術や制度の進歩だけでなく、皆で議論し社会受容性を高めることも大切であると考えています。

 IRESAが皆様と共に「持続可能な社会」というテーマについて考え、議論し、課題を解決するための一助になることを願っております。

 

国際資源・エネルギー学生会議

代表 河野佑紀

団体概要

  • 設立年  2014年度末

  • 参加大学 東京大学​ 東京外国語大学 Imperial College London​ テンプル大学 一橋大学

About us
Activities

Activities

勉強会
原則月1回(毎月第四土曜日14時~16時)、定期勉強会を行っています。1人または複数のメンバーが担当し、スライドや資料を準備して発表します。テーマは、資源・エネルギーに関することであれば何でも自由です。
昨年度は気候変動、水素の活用、電力システム、電車の省エネ、漁業資源管理などについて話し合いました。議論の内容は、技術開発から政策、ビジネスまで多岐に渡ります。

実地見学・意見交換会
IRESAでは、発電所見学をしたり、資源・エネルギー分野でご活躍されている社会人をお招きしてお話を伺ったりしています。
2019年度は浮島太陽光発電所に訪問したり、電力シェアリング(株)社長の酒井直樹様との勉強会などを行いました。

 

フォーラム開催
IRESAではこれまでに5度「資源・エネルギーフォーラム」を行いました。日本の資源・エネルギー業界を牽引されている方々をお招きし、講演会・懇親会を行いました。
2020年度のフォーラムは、11月21日(土)にオンライン開催され、様々な立場で活躍されている3名の講演者様をお招きし、「アフターコロナのエネルギー」というテーマでご講演をいただきました。
学生・社会人問わず多くの方にご参加者いただくイベントですが、このフォーラムの企画もIRESAに所属する学生が行っています。

輪読会
土曜日の午前10時から12時の間、一冊の本や資料を数回に分けて発表内容を担当し、実際に発表したり聞いたりしながら本の内容を理解していくことを目的にオンライン上で輪読会を開催しています。

その他
他団体のイベントにIRESAとして招かれることもあり、2019年2月には、日本学術振興会公開シンポジウム「エネルギー社会と原子力」にて学生の立場として登壇、同年6月にはG20 Youth Summitの気候変動の分科会にて登壇しました。また、2020年9月にはJYPS開催のイベント「#RedesignOurFuture - あなたは地球の未来のために何をする?」にて、前代表の樋口がパネリストとして参加したほか、2021年1月の若者団体と環境省との意見交換会に際してはJYPS加盟団体の一つとしてIRESAが提言書作成に携わり、当時代表の松田が省エネの重要性について小泉環境大臣に意見を述べました。

     Facebook     

     Twitter     

Events

Events

​開催日程

4月16日(土) 新歓見学会

​4月23日(土) 新歓勉強会

​5月29日(日) 定期勉強会

​6月26日(日) 定期勉強会

​9月3, 4日 黒部ダム見学会

10月29日(土) 定期勉強会

11月27日(日) 定期勉強会

本年度活動方針

2022年度は、ハイブリッド形式で活動を行います。コロナ禍の中で社会システム全体が変容を迫られるなか、エネルギーシステムも脱炭素化に向けて抜本的な改革が議論されています。一方で、農林水産資源、エネルギー資源の問題はいまだに大きな課題が残っています。都市計画や住宅の断熱化問題など、持続可能な社会の形成には議論すべきことが多数存在します。様々なバックグラウンドを持つメンバーとともに、持続可能な社会形成のための資源・エネルギーの在り方について考えてみませんか?

勉強会への見学は随時受け付けております。サイト下部のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください

Archives

2022年度の活動記録です。過去の活動記録はこちら

10月勉強会
10/29(土) 9:00~

"砂漠におけるソーラー発電”

その1.2%で全世界で消費されているのと同等の電力を生み出せるサハラ砂漠での発電について検討しました。太陽熱、太陽光を比較した上で、太陽熱発電の事業化が進み、自動清掃等の新技術があることが紹介されました。課題点としてはコスト、輸送、安全性の3つに分けられます。コストはあまり問題ではなさそうで、輸送も送電線やエネルギーキャリアによって解決しうるが、安全については現地とWin-Win関係を築くことが重要であり、そのためには水を発電と同時に生産するのが良いのではないかという議論をしました。今回の勉強会で、環境・エネルギー問題の解決には現地との協力が必要であることが確認できました。

9月黒部見学会
9/3〜4

“黒部ダム見学会“

夏休みの活動として希望があった黒部ダム見学を一泊二日で行いました。

初日の見学では、立山黒部アルペンルートの長野県側から入り、順に乗り物を乗り継ぎながら富山県側へと抜けるという行程でした。

黒部ダムは約7年の歳月をかけて建設された総貯水量1億9930万立方メートルのダムで、発電所はダムからおよそ10 km下流の黒部川第四発電所で出力は33.5万kWです。この発電所は、冬季の雪害を避け自然の景観を損なわないように地下に埋設されています。
黒部ダムは、大正時代から続いてきた黒部川電源開発の一環であり、過去の日本の発展を物語っています。特に第四発電所と黒部ダムの建設(くろよん)のための資材輸送用トンネル「大町トンネル」の掘削工事では、大量の地下水が流れ込むという困難があったが、技術を結集し見事に乗り越えたという歴史がありました。

二日目は富山市街及び高岡の観光をした。​

6月勉強会
6/26(日)9:00〜

“森林空間利用“ ”水素エネルギーキャリア”

 6月の勉強会では、二つのテーマを扱いました。

 国土面積の約3分の2を占める森林のさまざまな機能があり、現状の課題を解決するためには、森林に関わる人口を増やす必要です。具体例を交えて、森林空間を利用する取り組みについてまとめられました。

 水素エネルギーキャリアは主に、液化水素、液化アンモニア、有機ハイドライトの三つを取り上げました。エネルギー効率と安全性の両立という観点から、それぞれのキャリアの特徴が紹介されました。

5月勉強会
5/29(日)9:00〜

“電力エネルギーの概論“

 事前のテーマアンケートで上位にきていた電力について扱いました。

新入生のキャッチアップということで、基本的な部分から丁寧に説明しました。

カーボンニュートラル社会の実現のためには電化・省エネ・電源の脱炭素化が重要であるということを強調しました。

また、電力系統が交流であり、需要と供給を一致させなければならないこと、変動する再エネを増やしていくためにはどのようなことが必要かといったことにも触れ、今後の展望について広くまとめました。​

4月新歓勉強会Ⅱ
4/23(土)

“洋上風力の実力とその課題“

 4月新歓勉強会Ⅱでは、脱炭素化に向けて再生可能エネルギーの割合を増やす上で、その一翼を担うことが期待される洋上風力発電を扱いました。

洋上風力の概論を説明したのち、現在日本で行われている政策や現状の課題から、2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、洋上風力発電のさらなる導入とそれに伴う電力システム全般の見直しの必要性について深く議論しました。​

4月見学会
4/16(土)

”「ガステナーニ」ガスの科学館”

 新入生向けにガスの科学館に見学に行きました。

都市ガスはLNGが原料で、船で日本に運ばれると、高圧、中圧、低圧導管を経て供給されます。低圧ガス管はまるで玩具のような黄色のプラスチック製(左図)である一方、高圧・中圧となると人が入れるほどの太さの管となります。緑色の球状の設備であるガスホルダーは、ガスを蓄え、需要と供給を調整させる役割があります。

吸収式ガス冷房の原理モデルの展示や科学館の電力を供給する燃料電池を見学させていただきました。

4月新歓勉強会Ⅰ
4/9(土)

”アボカドブームとその背景”

 4月新歓勉強会Ⅰでは、新入生向けに、欧米や日本で流行するアボカドブームとその背景の問題について統計資料をもとに解説しました。

実際にアボカド生産量は増加の一途を辿っていて、主要生産国はメキシコなど中南米の国々で消費国はアメリカ、ヨーロッパ諸国、日本が多くなっています。
アボカドは農産物の中では栽培に必要な水量が高い部類で、アボカドの需要拡大を背景に農地が拡大され、森林伐採や水不足が問題になりつつあります。
そもそも日本はカロリーベース食料自給率が低く、農作物の多くを海外に頼っています。農作物の輸入は、生産地の水資源や土地資源の輸入(バーチャル・ランドやバーチャル・ウォーター)を意味するので資源の偏在を助長させる悪影響があります。

​アボカドブームは以前から存在していた問題を浮き彫りにしたと言えそうです。

Archives in 2022
Contact

​お問い合わせ

CONTACT

​フォームよりお気軽にお問い合わせください。

メールアドレス

 iresa.sustainable@gmail.com

Facebook

 国際資源・エネルギー学生会議

Twitter:

 @IRESA2015

送信ありがとうございました

bottom of page